埼玉県越谷市で食べた「ホワイト餃子」は、見てビックリ食べてビックリの一品。見た目に騙されずにたくさん食べられるよ。

埼玉県越谷市で食べた「ホワイト餃子」は、見てビックリ食べてビックリの一品。見た目に騙されずにたくさん食べられるよ。

【店名】
ホワイト餃子
【所在地】
埼玉県越谷市

【性別】男性
【年齢】35歳
【職業】会社員


【お店を知ったきっかけ】
知人に教えてもらったことがきっかけ。
以前より存在は知っていたが、その知人と遊んだ際に連れて行ってもらった。

【誰と行ったか】
妻と、共通の知人




【お店の雰囲気】
8年ほど前なのでうろ覚えではあるが、普通の住宅街にあった気がする。
店内はそこまで広くなく、テーブルが少しあったがカウンターで食べたはず。
たしかオープンと同時くらいに入店したため特に待たなかったが、座席数が少ないのでタイミングが悪いと待つことになるかもしれない。
来店する人はそれなりにいたが、地元の人は持ち帰りする人が多、くそこまで待たなくて済むかもしれない。

【注文したもの】
看板メニューでもあるホワイト餃子




【感想】
まず見た目からして他の餃子とは一線を画しているのが第一印象。
焼き餃子なのか揚餃子なのか微妙なラインの見てくれ。
キレイな黄金色をしており、お稲荷さんにも見えなくはない。
結構な量を頼んだのか、それが一人前だったのか定かではないが、シンプルに餃子のみが提供されるのにもインパクトが強かった。
味に関しては「外はパリパリ、中はジューシー」と美味しいものの定型文になってしまうが、まさにこの言葉はうってつけの一品です。
提供されたときの見た目のインパクトは強かったが、いざ食べ始めるとパクパクとイケてしまう不思議な感じがした。
他のチェーン店で出されているものはニンニクが効いているが、こちらの餃子はあまり感じず(もしかしたら入ってないかも)、たくさん食べても全然問題なかった。
気がついたときには全部の餃子を平らげてしまっていたくらい、すんなりと完食してしまった。




【他のメニューやトッピングなど】
チャーシュー丼のようなものを一緒に注文した。
が、餃子のインパクトが強く、こちらはそこまで印象に残っていない。
お酒もあった気がするが、車で来ていたため無し。
それでも餃子だけで十分満足できるお店なので、それ以外の料理はおまけ程度なのかもしれない(笑)




【エピソード】
最初からこの餃子をお目当てにいったため、それ以外のメニューをほとんど覚えていない。
一緒にいった知人は食べ慣れており、よく持ち帰りの餃子を購入し、自宅で焼いて食べると話してくれた。
しかし、この餃子を自宅でお店のように焼くのは相当難しいだろうなと思った記憶がある。
餃子単体で結構な量があるため、ご飯ものは必要なかったと後になって思った。




【知人の評判】
一緒にいった知人は地元であり、埼玉といえばホワイト餃子とかねてから言っていた。
前述と重複してしまうが、地元の人はよく持ち帰るで購入し自宅で焼いて食べるとのこと。
まだ持ち帰りは試したことがないが、餃子パーティーしたいとは話している。




【他との比較】
通常の餃子とは異なる形状というのが一番の特徴。
ひと目でホワイト餃子というのが認識できるほど異なっている。
また、数を食べても胃もたれしないのもGood。
野菜をメインに食べているような印象を受けるため、たくさん食べても罪悪感が少ないものポイントが高い。
ただ、その形状から自宅で他の餃子と同じように焼くのは難しいだろう。




【価格と満足度】
1人前の数が他の餃子店とは異なるため一概には言えないが、このボリュームをこの値段で食べられるのは安いと思った。




【期待すること】
餃子自体に関しては言うことなし。
このままの路線で突っ走って欲しいが、あえていうならば中の餡が違うパターン(辛味系など)があると面白いかも。
チェーン展開されているので、自宅の近くにあると嬉しい。
入ったお店はこじんまりとしていて狭く感じたため、もう少し広く、駐車場もたくさん停められる店舗があるとより行きやすいと思う。



何も言わずに、まず見て、そして食べてほしい。
他の餃子とは一線を画すものである。
ビール片手につまむ餃子とは違い、餃子が主役であり主食の一品。
この餃子を食べてほしい。
ホワイト餃子という名称は可愛いかもしれないが、モノはガチでありとても満足いく出来栄えとなっている。
その見た目とは裏腹にぺろりと食べることができてしまう不思議な餃子。

ホワイト餃子
埼玉県越谷市
男性・35歳・会社員
埼玉県越谷市で食べた「ホワイト餃子」は、見てビックリ食べてビックリの一品。見た目に騙されずにたくさん食べられるよ。