皮にインパクトを求めるのなら宇都宮のみんみん餃子は最強クラスだと思います。

皮にインパクトを求めるのなら宇都宮のみんみん餃子は最強クラスだと思います。

【店名】
みんみん
【所在地】
栃木県宇都宮市川向町1丁目23 JR宇都宮駅(西口)駅ビル3F

【性別】男性
【年齢】44歳
【職業】派遣社員


【お店を知ったきっかけ】
自分は温泉好きで、栃木県の温泉に行った帰りにそういえば餃子の町だと宇都宮を通った時ちょうどお昼ぐらいの時間でたまたま寄りました。

【誰と行ったか】
一人で行きました。




【お店の雰囲気】
実は現在は三階になっているようですが、当時は一階にあったと思います。
ちょうど出口付近で後ろが薬局屋さんだったと記憶しております。
駐車場は完備されていて金額は忘れましたが何円以上は割引してくれるサービスがあったと記憶しています。
座席数は当時30席くらいだったと思います。
現金で支払いとカードもやっていたと思います。
水は置いてあったと思います。
やはり観光客が多いと思います。

【注文したもの】
皮の迫力に感動




【感想】
もちろん中の具材も大変おいしいのですが、やはりなんといっても皮に迫力がありました。
今もメニューが変わっていなければ、Bセットを注文していたと思います。
餃子2人前にご飯とザーサイがついたセットです。
量がやや多いかなと思いましたが、やはりみさんも口々にいうのは皮の迫力がすごいということを話しています。
もちもちかんといいますか、とにかく今まで食べた餃子の皮とは明らかに違うとはいえると思います。
部厚いと言ったらいいのでしょうか、食べたときにこれはすごいと思ってしまいます。
その皮がすごいので餃子全体の迫力となってしまいます。
大きさはそれほど大きい訳ではありませんが、うまい言えませんがどっしりとした食間ですね。




【他のメニューやトッピングなど】
今はどうかわかりませんが、銀河鉄道ビールというのを記憶しています。
もちろん私は運転しているので飲みませんが、所謂地ビールというやつではないでしょうか。
結構栃木県は地ビールを扱っているところが多かったように思います。




【エピソード】
やはり人気店ですので並ぶことが必須でした。
しかし割合でてくるのは早くてすぐ席につくと食べることができます。
お店の回転としてはすごく効率がよいと思います。
一人でも複数でも安心して食べられるお店のように思います。
みなさん行儀よく食べるので特にトラブルもなくただ食べ終わったら早くお店を出てあげるといいと思います。




【知人の評判】
実はお見上げに買って帰るわけですが、やはり父親も餃子が好きなようで、気に入ったようでした。
やはり本場の餃子ということもあり家族で翌日も餃子となるわけですが、私も飽きることがありませんでした。
確かにおいしいと評価してました。




【他との比較】
やはり皮に特徴があると思います。
なんとなくですが、これを食べた後に冷凍餃子を食べても、ちゃっちいという気持ちになるのは致しかたないと思います。
ただ調理の仕方なのかもしれませんが、餃子屋さんは多分餃子を焼く特性の鉄板があると思いますが、フライパンでやると水の加減が難しかったりやはり皮に迫力がなくなったりがあります。




【価格と満足度】
当時は480円だったと思います。
かなりリーズナブルではないでしょうか。
ごはんとざーさいと餃子二つでこの価格は安いと思います。




【期待すること】
実は多分今は当時より値段が上がっていると思います。
特にやってほしいことはないのですが、ラーメンもやったほうがいいように思います。
もしくはスープ系もちょっと置いたほうがいいように思います。
今はあるのかもしれませんが、当時はスープ系のメニューはなかったと記憶しております。
ただ全体的に要望的なものはありませんね



やっぱり日本でも屈指の餃子の町ということなので、いろいろ宇都宮には餃子屋さんがあるんですが、安全パイとしてこのお店はお勧めだと思います。
実は宇都宮の駅内にも立ち食いであるみたいなのですが、今はないかもしれません。
お見上げにも丁度いいしなですし、その際にはやはり冷凍ではなく焼いて持って帰った方がいいように思います。

みんみん
栃木県宇都宮市川向町1丁目23 JR宇都宮駅(西口)駅ビル3F
男性・44歳・派遣社員
皮にインパクトを求めるのなら宇都宮のみんみん餃子は最強クラスだと思います。